バスメイト、ハイドロマックスに代表される、水圧式増大ポンプとその他の増大方法との比較|バスメイト・ジャパン

  1. HOME >
  2. 各増大法との比較

バスメイトとその他のペニス増大方法の比較

一般的に知られているペニス増大の手段5つを比較してみました。



それぞれの手段によって長所、短所はありますが、総合的に見ればバスメイトおよびハイドロマックスが採用している「水圧式ポンプ」が世界で最高のペニス増大法であることが明らかなことがおわかりいただけるはずです。


水圧式ポンプ

空圧ポンプ

牽引機具

増大サプリ

外科手術
増大効果(長さ) x
増大効果(太さ) x
効果獲得までの期間 即日 即日 3〜6ヶ月
安全性 -
費用対効果

通常のペニス増大ポンプ(空圧)

空圧式増大ポンプの最大の欠点は、吸引力がペニスの一部分に偏ってしまうことです。このために包皮がうっ血したり、水ぶくれ状態、いわゆる「ふぐり」になる危険性があります。しかしそれらの危険性はありますが、商品によっては増大効果は十分に期待出来ます。価格帯が3万円前後の製品ならば気密性に優れていて、適切な吸引力の調整が可能なので、ある程度の増大効果を得られることは可能でしょう。しかし1万円以下の製品(ほぼ中国製)になると、気密性が確保されていないため、適切な吸引は望むべくもありません。製品の耐久性もひどいもので、1ヶ月の使用にも耐えられない製品がほとんどです。



総評:太さの増大効果は期待できるが、うっ血などの危険性が高い。信頼できる品質の製品の入手が困難。

ペニス牽引機具

アンドロペニスやジェスエクステンダーに代表されるペニス牽引器具は、長さの増大効果がメインになり、太さの増大効果はあまり期待できません。そしてサイズアップ効果を得るためには最低でも1日に数時間の着用を半年〜1年間続けることが必要となるのが辛いところです。装着時は違和感や痛みを伴いますし、誤った使い方や、無理をするとペニスを傷つけてしまう危険性が高いです。ペニス牽引機具による増大の成功には、修行を行うに近い覚悟が必要になるでしょう。。



総評:長さの増大効果は期待できるが、太さの効果は非常に限定的。効果を得るまでの期間が非常に長く、使用に痛みや困難を伴う。

増大サプリ

科学的にその増大効果が証明されたサプリメントは存在しません。良心的な製品であれば血流を促進する成分や、男性ホルモンの分泌を促進の成分などを含んでおり、わずかながらも一時的な効果はあるかもしれません。しかしながら残念なことに、何の効果も期待できないインチキ商品が99%を占めているのが実情です。そもそも冷静に考えれば、人間の局部を一箇所だけ成長させるようなサプリが存在するはずがないのです。断言します、サプリ単独でペニスを増大させることは不可能です。。



総評:全く効果なし。ペニスを増大させる効果が認められている成分は存在しない。お金と時間のムダ。

外科手術

体内に埋没しているペニスの一部を引き出すことによって増大を可能にする「長径術」と呼ばれる増大手術が一般的です。しかし、大事な体にメスを入れてまで得られるペニス増大効果は平常時のペニスサイズに限定されるのが欠点です。また、勃起時のペニスを支える筋組織を切るタイプの手術では、勃起時に角度が出なくなってしまうこともあるようです。手術費用は少なくとも50万円が必要となりますが、はたして費用に見合った増大効果を得られるのかは疑問です。。



総評:受ける手術により太さ、長さ、ともに効果が得られるが、その効果は平常時のみ。

結論:
水圧式ポンプを採用したバスメイト、ハイドロマックスが最高の増大手段である



上記の各種の増大法と比較して、水圧式ポンプには欠点らしき欠点が存在しません。

ペニス増大の効果は半永久的ですし、大切なペニスを傷つける危険性は皆無です。

増大効果は平常時および勃起時の双方で得ることができます。

トレーニングに要する時間も1回15分と短く、毎日のお風呂タイムのついでに効率よくペニス増大トレーニングを行えます。

支払う費用に対して得られる結果から考えれば、費用対効果でもずば抜けています。

バスメイトおよびハイドロマックスが採用している水圧増大ポンプこそが、現時点で世界最高のペニス増大法と言えるでしょう。