バスメイトの10年の歩み:2007年で販売開始から10周年を迎えたバスメイト、ハイドロマックスの歴史|バスメイト・ジャパン

  1. HOME >
  2. バスメイトの歴史

2006年の販売開始から、11年の歩み

▼バスメイトを開発するきっかけとなった出来事


バスメイトの開発者:ジョン・オークス


バスメイトは空気圧工学と水力学の工業エンジニアであった、イギリス人のジョン・オークス氏によって開発されました。

バスメイト開発のきっかけとなったのは、ボディビルディングを趣味としていたジョンが、筋肉の増加と反比例して、自信のペニスサイズが小さくなっていくことを発見したことです。

一般には知られていませんが「ボディビルディングなどの激しいスポーツのトレーニングによってペニスのサイズが縮んでいくという減少」は昔から報告されています。

ボディビルディングなど局部に血液を集中させる作業を何年も続けることで、ペニスに流れる血液の量が著しく減少することが、サイズ減少の原因でないかと言われていますが、医学的な結論はまだ出ていません。

医学的にそれが証明されているか否かはともかく、実際に自分のペニスサイズがトレーニングによる筋肉の増大と反比例して縮んでいくという事実を自らのペニスで体験していたジョンは、この深刻な問題を解決するべく、既存のペニス増大ポンプを何種類も試しました。

しかし、それら既存のペニス増大ポンプ(空圧式)ではジョンが満足できる結果を得ることはできなかったのでした。




▼プロトタイプの開発

ジョンが使用した、それら既存のペニス増大ポンプ(空圧式)は、安いものでは数回の使用で、高価なものでも数ヶ月で壊れてしまいました。

そして、空圧式ポンプの最大の欠点である「圧力の不均衡が原因による水ぶくれ」などを経験したジョンはある時「自分の専門分野である水力学を活用できないか?」と思いついたのです。

「水は非圧縮性の物質だから、より高いレベルの吸引状態を生み出すことができるし、ペニスの周りを覆うクッションになるし、吸引力をペニス全体に均等に加えることができる、そしてお湯を使えばペニスの血行が促進された状態でトレーニングを行うこともできるじゃないか!」

その後、1年間の試行錯誤を繰り返した結果、ついにバスメイトシリーズのプロトタイプが完成したのでした。




▼製品化を決意

プロトタイプを自らのペニスで数週間テストした結果、ジョンは自分が開発した製品が絶対的なペニス増大効果を持つことを確信します。

その自分の想像を遥かに上回るペニス増大を目の当たりにしたジョンは、製品化を決意、エンジニアの職を辞して、背水の陣で製品開発に取り組みました。




▼2006年、ついにバスメイトの販売を開始

紆余曲折を経て1年の開発研究期間を経た2006年、ついにジョンは世界初の水圧式ペニス増大ポンプ「バスメイト」を完成させました。

水圧式ペニス増大ポンプという目新しいコンセプト、そして確かなペニス増大効果を持つバスメイトでしたが、
販売開始当初の反応は静かなものでした。

しかしその確かなペニス増大効果は効果は口コミで広まり、発売開始から2年が過ぎる頃までには、最初の工場では生産が追いつかなくなるまでになっていました。




▼ゴライアスの販売を開始

バスメイトの販売から2年が経過し、世界中から日々増加するニーズに答えるために工場を新設。

そして、バスメイトでは窮屈だという一部のユーザーからの声に答えた製品、世界最大サイズのペニス増大ポンプ「ゴライアス」を発売しています。




▼ハイドロマックス・シリーズの販売を開始

「バスメイト」と「ゴライアスの」は圧倒的な成功を収めていましたが、開発者のジョンはそれに甘んじること無く、さらなる高みを目指していました。

そして約3年の開発期間の末に生み出されたのが「ハイドロマックス」シリーズです。


「バスメイト」の改良版である「ハイドロマックス」は吸引力が35%向上している他、各種の機能改良が施されており、ユーザーから圧倒的な支持をもって市場に受け入れられました。




▼エクストリーム・シリーズの販売を開始

「ハイドロマックス」によって決定的な成功を収めたジョンは2013年末、満を持して「エクストリーム」シリーズを送り出しました。



「ハイドロマックス」をベースに、手元で吸引の微調整が可能になるハンドポンプ機能、長期間のトレーニングを快適に行うための各種のオプションパーツが全て揃った「エクストリーム・シリーズ」は、発売から4年が経過した現在でも世界最高水準のペニス増大ポンプとして圧倒的な存在を示しています。




▼2015年、シリーズ累計販売数100万個を突破!

2006年にバスメイトが販売開始されてから約10年で、販売国は75カ国まで成長。

そして2016年にはついにシリーズ累計販売台数100万を突破しました

2017年の現在も、成功におごること無く、ユーザーからの細かいニーズに答えるべく、定期的な品質向上、新製品を送り出しています。




2004年:バスメイトの基礎となるアイデアを得る

2005年:プロトタイプの製造

2006年:バスメイトの販売を開始

2008年:ゴライアスの販売を開始

2012年:ハイドロマックス・シリーズの販売を開始

2013年:エクストリームシリーズの販売を開始

2014年:パワーリングの販売を開始

2015年:Controlの販売を開始(早漏改善クリーム)*日本未発売

2016年:MaxOutの販売を開始(ペニス増大クリーム)*日本未発売









商品一覧ページ