バスメイト、ハイドロマックスによるペニス増大効果と原理|バスメイト・ジャパン

  1. HOME >
  2. 効果と原理

バスメイト、ハイドロマックスによるペニス増大効果とその原理

長さの増大効果:2〜5cm

2010年にメーカーが行ったユーザーテストにおいて、ハイドロマックスによるペニス増大トレーニングを3ヶ月間行ったユーザーの95%が2~5cmの長さのサイズアップに成功しています。




太さの増大効果:20〜30%

2010年にメーカーが行ったユーザーテストにおいて、ハイドロマックスによるペニス増大トレーニングを3ヶ月間行ったユーザーの95%が20〜30%の太さのサイズアップに成功したと報告されています。






ハイドロマックスの増大トレーニングでペニスを増大できる原理




ペニスの主要組織である「陰茎海綿体」を成長させることでペニスを増大を可能にします






ペニスの体積の9割が「陰茎海綿体」「尿道海綿体」と呼ばれる2種類の海綿体で出来ています。この2種類の海綿体組織のうちペニスサイズを左右するのが「陰茎海綿体」です。スポンジ状の細胞組織で、性的に興奮した際に血液を細胞内にキープすることで風船のように大きく膨らみ勃起状態を形成します。



バスメイト、ハイドロマックスを使用すると強力な吸引力によって通常の勃起時より大量の血液が「陰茎海綿体」送り込まれます。これに対応するため、海綿体細胞は限界まで膨らんで、可能な限りの血液を細胞内にキープしようとがんばります。バスメイト、ハイドロマックスの使用を続けるうちに細胞は自らを成長させることで新しい環境に適応します。



すなわち成長してより多くの血液をキープできるようになった陰茎海綿体によって、これまで経験したことのない勃起サイズを手に入れることが可能になるのです。




1

海綿体細胞がペニスサイズを左右する

ペニスは「陰茎海綿体」と「尿道海綿体」の2種類の海綿体で構成されています。なかでもペニスの大きさを左右するのが「陰茎海綿体」です。「陰茎海綿体」は伸縮性に富んだスポンジ状の細胞組織で、外部からの影響により細胞サイズを成長させることが出来ます。

2

海綿体に蓄積できる血液量が勃起時のペニスサイズを決定する

性的に興奮したペニスには通常より多量の血液が流れ込みます。送り込まれた血液の殆どが「陰茎海綿体」に集められます。すなわち海綿体にホールドできる血液の量が多いほど勃起時のペニスサイズが大きくなるのです。

3

バスメイト、ハイドロマックスの使用により海綿体組織が成長します

バスメイト、ハイドロマックスを使用することで、陰茎海綿体の組織が成長し、海綿体細胞にキープできる血液量が増加します。その結果、勃起時のペニスサイズが著しく増大するのです。

4

1~3ヶ月の使用で1cmの増大が期待できます

ハイドロマックスの使用に必要な時間は1回15分。1〜3ヶ月続けることで、長さでは1〜2cm、太さでは20〜30%のサイズアップ効果が期待できます。

5

初日から実感できる増大効果

ハイドロマックスによる増大効果は使用初日から実感できます。ただし1回の使用で永続的な効果を得ることは出来ません。増大したサイズが細胞に定着するには3〜6ヶ月の継続的な使用が必要となります。

6

ペニス増大は筋力トレーニングと同じ

筋トレによって筋肉を成長、増大させるために定期的なトレーニングが必要なように、バスメイト、ハイドロマックスでのペニス増大トレーンングにおいても定期的な使用が必要です。
最低でも週に3〜5回の使用を3〜6ヶ月間続けてください。

製品一覧

バスメイト、ハイドロマックスには9種類のモデルが用意されています。


製品一覧のページ






最適なモデルの選び方

3シリーズ、9種類のモデルから、あなたの現在のペニスに適したモデルを選択してください。



あなたに最適なモデルは?






ブランドがリニューアルされました



ブランドリニューアルに関するページ